遥かな尾瀬へ

夜中の3時に家を出て、車2台、7名で出発しました。
進むにつれ明るくなってきましたが、眠ることなく話続けていました。
誰も疲れを見せず元気に鳩待登山口から出発です。



DSC00026.jpg

この前で元気に笑顔で記念写真を撮り出発です。

DSC00035.jpg

水芭蕉の花は終わり、大きくなった葉っぱを見ながら進みます。

DSC00038_20150711221221b59.jpg

コバイケイソウの花が綺麗、遠くの方には一面に咲いているところもありました。

DSC00059.jpg

美人の彼女の後ろには雪が残ってる至仏山

DSC00046_20150711221221dcf.jpg

100キロの荷物を運ぶ人、近くで撮ろうと必死に追いかけました。

DSC00053.jpg

何か撮影をしてるみたいなので、周りの人に「有名な人ですか?」と聞いてみた。
「はい。」と言うので見たら・・・・
『この人はカブトムシの好きな人だ。』 私の頭には名前が浮かんでこない!
あとでホテルのお風呂に入ってる方が哀川翔だと教えてくれた。


DSC00065.jpg

行者にんにくの花は初めて見ました。

DSC00109.jpg

真っ直ぐに続く木道、平日なので人があまりいません。

DSC00104.jpg

シダの秋の写真を竜宮小屋で見た。
黄金色に変わって綺麗だった。
違う季節も見たいと思う気持ちと、もう来れないだろうと言う気持ちが行き交う。


DSC00113_20150711222653bb5.jpg

沼に燧ケ岳と雲が映りこむ。
白樺の木も緑の森に映える。
行き違う人と「こんにちは」と挨拶、たまに「アンニョンハセヨ」と言ってみる。
黙ってしまう人、「アンニョンハセヨ」と返してくれる人、楽しい・・・・


DSC00099.jpg

水面が風で揺れる。
雲の影も崩れる。
カメラマンさん、綺麗に撮れましたか?



尾瀬ヶ原の景色を目に焼き付け28000歩、休みながらも歩きました。
行きは軽やかだった足も、折り返しの頃から重くなり、帰りの長く続く階段の登り坂では息が切れてきました。
それでも皆さんが私のペースに合わせてくれ、お蔭で予定の時間までに戻れました。
最後に太ももが攣るおまけがありましたが、行って良かった遥かな尾瀬でした。



人気ランキングに参加しています。
読んで頂けたら応援のクリックをお願いします。



人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

素敵ですね、尾瀬♪
画像を繰り返し見ました(*^^)v
緑の海に圧倒されますね。
沼に映りこむ景色も素敵♡
尾瀬レポ、ありがとうございました。

No title

お疲れさま。 今日は起きられなかったのではないですか
でも良かったですね 。
私は尾瀬はしっていましたがどこに有るのかは知らなかったです。
長野の方だと思っていました。
緑も綺麗ですね。
行ってみたいです。
行きたい所は沢山あるけど中々行けないのが現実です。
楽しませていただきました。

suzukoさんへ

疲れたけどとてもすてきでした。
これからも行けるところは行こうと思っています。
誘われるうちが花ですから・・・・
今日も写真をUPします。

ふみさんへ

尾瀬はとてもよかったです。
夫が逝って、もう遠くには行けないと思っていたので嬉しかったです。
この年ですからみんな薬持参です。
飲み忘れがないように確認し合いました。(笑)
プロフィール

すいせん

Author:すいせん
歳を忘れ、毎日笑って暮らしていこうと思ってガーデニングに励んでいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR